ハイフ・ラジオ波・EMSの違いと効果

こんにちは(o^^o)

今日は当サロンで取り扱っている人気の機器について💎

その効果と違いについてご説明させて頂きます。

まずは1番人気のメニュー❣️

 

💎ハイフ💎

ハイフの人気が衰えない理由は、他のマシーンと比較しても目に見えて結果が出る事、その優れた即効性と持続力だと思います。その秘密は機械の仕組みにあります。通常の一般的なエステ機器はアプローチ出来る場所が表皮~真皮層までの物が多いのに対してハイフは肌の表在性筋膜(スマス筋膜)までアプローチできます。

この部分にアプローチ出来るのはハイフか糸(手術)と言われています。優れたリフトアップ効果、痩身効果、エイジング効果が期待できる機械。それがエステサロンで手軽に出来るとの事で未だハイフの人気は衰えを知りません。

エステハイフには数十種類という多くのメーカーがありますが、国内メーカーであれば基本的にはきちんとした臨床試験がされており組織や神経を破壊することのない出力や仕様が義務付けられています。

稀に中国や海外の輸入品ハイフも出回っていますが機械自体を安く仕入れられるけれど粗悪品が多くトラブルも多数発生していると伺っていますので、どこのハイフを受けるかはお客様の判断にかかっているかと思います。(当サロンは国内製造の日本のメーカーとなります。過去トラブルはゼロの実績ありですヾ(*´∀`*)ノ)

【⠀エステハイフの代表的なマシーン】シーライン、ウルトラハイフ、フォーカスネオ、ハイフスタンプ、チューリップハイフ、シンデレラハイフ、ディアーガなど

*ちなみによく3Dや9Dなど〇Dという様に記載されておりますが基本的には全て同じ物です。高密度焦点の仕組み、原理は同じで、違いはショット数、カウント数、焦点数などの違いで照射密度や照射時間などに比例してきます。

ラジオ波(RF)

ラジオ波とは高周波の事で、ラジオ波から出るジュール熱(生体熱)が、身体を深部から温めたり細胞を活性化させる効果があり元々は温熱療法として用いられていました。そこから美容にも応用され脂肪燃焼、血液、リンパの流れをよくしてコラーゲンを活性化させるなどの働きで美容にも欠かせない機械となりました。ラジオ波の1番の魅力はなんといってもリラクゼーション効果か非常に高い所です。痛みもなくぽかぽかと体の芯から暖かく心地よくリラックスして受けられるのもラジオ波の特徴です。

【⠀ラジオ波に代表するマシン】ヴィーナスライン、インディバ、ハイパーナイフ、ウィンバック、フォースカッターなど

EMS

EMSがここ数年でよく知られるようになったのも、SIXパッドや自宅でも手軽に出来る物が数多く出回るようになったからではないでしょうか?

EMSは微量の電気によって筋肉を刺激して動かし、筋力トレーニングのような効果が期待できる機器です。

EMSは、脳からの刺激と同じように電気刺激を与えることで、筋肉を自動的に動かすことが出来ます。なのでリハビリなどで利用されていました。

低周波と少し似ていますが低周波もEMSの一種となります。低周波は医療機器として認可された物となりますので治療用機器となります。なのでエステサロンで一般に使用されているのはEMSとなります。

このEMSを使用してボディメイク、筋力アップ、お顔であればたるみケアや顔痩せなんかが期待出来ます。

最近ではコロナ禍で非接触型のEMS装着マシーンも人気急上昇していますね♪

【EMSに代表するマシーン】バーンコア、マグシェィプ、マグニードなど

 

いかがでしたか(*´ω`*)

それぞれの機械の特徴は把握して頂けましたでしょうか?これらの機械を単体で使用するのも良いですが、機械の特性を活かして、複合で使用するのもオススメです🎶

例えば、たるみ、ほうれい線、ブルドッグ顔が気になる方は、ハイフ×EMSを。

ハリ不足、キメの乱れ、くすみ、お顔のお肉やむくみが気になる方はハイフ×ラジオ波を。

ポイントはハイフ×何かを。という所です。

ハイフはそれだけ皮膚全体に大幅にアプローチ出来ますので、様々なお悩みに効果的に働きかけてくれるかと思います😄

当サロンはこの機械だけではなくエレクトロポレーションやピーリングも各種揃えておりますので気になる方は是非カウンセリングにお越しくださいませ♡m(_ _)m

関連記事

  1. 今日はホワイトデイ🥰

  2. 空き状況★

  3. ハイフ&ニードルピーリング ビフォーアフター

  4. 皆既月食🌝

  5. 久しぶりに長文です♪