ハーブピーリングは“剥離あり”か“剥離なし”か❓

こんにちは😃

大流行のハーブピーリングですが、種類が沢山ありすぎていったいどれを選べ良いのか❓というお声をよく聞きます。🌿

ハーブピーリングとは天然ハーブが角層〜真皮層に作用し、肌のターンオーバーを正常化し、あらゆる肌トラブル、肌質を改善してくれる天然由来のトリートメント。肌にメスをいれたり注射せずに美肌を簡単に手に入れる事ができるので数年前から大人気です🌿

ハーブピーリングの主成分は天然の植物由来、または海藻由来のハーブです。殆どのハーブはパウダー状でハーブの粒子ひとつひとつが棘状になっています。そのトゲトゲのハーブを毛穴にすり込んでいくという施術になります。

ハーブピーリングには剥離するものと、剥離しないものがあります。

剥離系のメリットはとにかくスピーディーに肌がつるんつるんになり卵肌がすぐ手に入ります。しかし施術中に非常に痛みを伴うデメリットがあります。例えるならガラスの破片を顔にすり込むような痛みです😰毛穴に入り込んだハーブは毛穴の中のバイ菌を殺して老廃物として外に追い出します。そこから皮膚が数日かけて再生されていきます。その時に顔の皮一枚ベローンと捲れるのが剥離タイプです。皮が剥がれるのでもちろん強い痛みを伴うと同時に5日程は顔を洗う事ができません。もちろん人にも会えない程のズル剥け肌になります。いわゆる“ダウンタイム”があります。

当サロンで使用するハーブは剥離なし、ダウンタイムなしのタイプです🌿漢方由来のハーブは皮膚を剥がす作用がありません。また、通常のハーブよりも粒子が非常に細かくなっており(特許取得技術です)、毛穴に入り込んだ時も痛みを伴いません。直後からメイクも入浴も可能です🙆‍♀️🌿デメリットは、剥離させないので再生する為には最低3回は施術した方が効果が期待できるので良いという点。

ここまで見て頂いた上で、剥離なしも剥離タイプにも一長一短それぞれの良さがあるので、メリット、デメリットをよく検討してお選び頂きたいと思います。

ちなみに私の個人的な感想は、“剥離なし”をオススメいたします。剥離させるという事は、今ある皮膚を無理矢理剥がしてまだ未熟な状態の皮膚が肌表面に上がってきます。皮膚というのはミルフィーユのような層になっています。まだ上に上がりきれていない生まれる前の段階の皮膚がいきなり外気にさらされるのです。見た目は綺麗かもしれません。しかし非常に繊細で敏感で薄く弱い状態の皮膚なわけです。アフターケアを正確にきちんと慎重に行わなければ逆に肌トラブルを引き起こします。それでは元も子もないです。

単純に見た目を綺麗にするだけではなく、根本的に肌を健康にして肌本来の働きを正常化させる為にも何のトリートメントが良いのか慎重に見極めて、ご自身に合ったサロンや施術をお選び頂ければと思います♪

 

関連記事

  1. 幸せホルモンを高めるアロマとは⁉️

  2. やっぱり人気!ハーブピーリング🌿

  3. シミの種類と種類別お手入れ方法

  4. たるみ習慣、今からやめませんか❓

  5. 新しくUVが仲間入りします♡

  6. ターンオーバーは28日+年齢分